どのような施術方法があるのか、そしてサービス内容を理解することができます。

サイトメニュー

気になる料金や種類

看護師

それぞれの料金と種類の特徴を知りたい

いぼができてしまった場合には、これを自分で取り除くよりも美容整形外科などに行って取り除いた方が確実です。ただ、このとき料金がかかりますが、事前にどの程度の料金になるかを理解しておけば安心して通うことができるでしょう。料金は、施術方法によって変わってくるところです。一般的にいぼ治療の場合には、3種類の施術方法がありますのでそれぞれの違いを見ていきましょう。一つ目は、昔ながらのやり方の液体窒素と呼ばれる方法です。これは、-196度の液体窒素を利用して皮膚の部分を破壊させるのが目的です。これにより、完全にいぼをなくすことができるのが大きな魅力といえるでしょう。何回か通ことになりますが、一回あたりの治療金額はおよそ\1500になります。保険適用されますので、3割負担と考えておきましょう。次に、電気メスを使用する方法です。電気メスをする方法は保険が適用されますのでやはり3割負担になります。一般的には一つ当たり\5000から\10000ぐらいになると考えておけばよいでしょう。液体窒素と比較した場合には高く感じるかもしれません。しかしながら液体窒素の場合と異なり、電気メスの場合には一体で治療が済んでしまうため何度も通う必要はありません。もちろん、いぼの数が多ければそれだけ通う回数が増える可能性がありますが、二つから三つ程度ならば一回で済ませることは可能になります。最後は、レーザー治療になります。レーザー治療の場合には、液体窒素と異なり 1200度の高温の熱が発生します。そのため事前に麻酔を行いますが簡単に処理できるのが魅力です。一つ当たり\5000から\10000となりますが保険適用されません。

いぼの施術を行う場合の特徴ですが、レーザーの特徴を見ていくと、炭酸ガスレーザーを当てるのが特徴になります。炭酸ガスレーザーは、細胞に吸収されることにより高温の熱が発生する仕組みになります。そのため、費用にあてた瞬間に高温の熱が発生するため痛みが伴うことになり麻酔が必要です。麻酔をする場合には、あまり痛みが伴わない方法が採用されているのが特徴になります。なぜかといえば、麻酔を嫌うことによりいぼ治療を避けようとする人がいるからです。例えば、痛みを減らすために注射針を細くする方法や注射針自体に麻酔が塗られておりゆっくり注射をするとほとんど痛みが伴わないような種類もあります。レーザーは、一度で処理できるため魅力的ですが、あまり大きなものには適用されない可能性もあります。あとはその医者の裁量によって変わってきますがあまり大きなものだと切除するのが一般的です。いぼをなくすのに昔から行われている方法の一つが、メスによる切除になります。おそらくイボ治療といってイメージするのはこの方法でしょう。最近は電気メスと呼ばれるものが出てきておりあまり痛みが伴わないものもあります。通常のメスを使う場合も、部分麻酔を行いますのでまったく痛みを感じずに施術することが可能です。しかも、一度治療したら 2回目の治療する必要はないため何度も通わずに済むのが大きな魅力でしょう。最後は、液体窒素ですが細胞の奥まで冷却するため細胞を死滅させる方法になります。料金が安いのが魅力ですが、何度か通うことになるのがほかの治療方法との違いになります。

Copyright© 2019 どのような施術方法があるのか、そしてサービス内容を理解することができます。 All Rights Reserved.