どのような施術方法があるのか、そしてサービス内容を理解することができます。

サイトメニュー

施術を受ける前に知ろう

顔に触れる女性

効果と施術の内容を知りたい

いぼの治療する場合には、どのようにしたら効果的かをしておく必要があります。治療方法の一つが、液体窒素と呼ばれるものになりますが、これは原始的な方法の一つで、凍らせることにより細胞を死滅するやり方になります。効果的に結果を出すためには、一回の施術ではなく何回か通うことが必要になるでしょう。なぜかといえば、液体窒素を当てただけでは奥の方まで届かないからです。表面の部分だけ凍らせることにより死滅させることは可能ですが、いぼの奥の方まで死滅させることはできません。そのため、一回液体窒素の治療した後しばらくしてから再び施術しなければなりません。効果的に痛みをなくすためには、スプレーなどを併用していることも少なくないです。普通の方法としては、綿棒に液体窒素をより凍結させるのが基本になります。ですが、これでは痛みが伴う可能性があるため、代わりにスプレーで噴射しより効果的に治療していくわけです。それだけでなく、痛みもなくなりますので子供でも安心です。ただ、顔には使いにくいという問題点はありますが、それ以外の所ならばたいてい使うことができるでしょう。それ以外の治療方法として、メスを使って切除する方法が考えられます。効果的に治すには、しっかりと患部を切除することが重要になるでしょう。そのためには、がある程度熟練の医師であることが必要になります。ただ、それほど難しい技術は必要ありませんので、何度か施術したことがある人ならば安心して任せることができるでしょう。当然痛みは麻酔をすることによりなくすことが可能になります。

いぼ治療といっても様々なパターンがありますので、それぞれ場面に応じて治療方法を見ていかなければいけません。まず、数が多い場合はどのように対処するかです。基本的に、小さないぼがたくさんできていることがありますが、この場合には反復的に継続して治療していく必要があります。小さなものならば、液体窒素で冷却する方法だけでなく、レーザーにより高熱を当てることにより根元から熱していく方法が考えられます。一回につき、三つから四つのいぼを除去することができますが、次の患者さんが待っている場合には時間の関係上すべてを除去することができないため次回に回すほかはありません。そのため、複数回通うことになりますので、その点はしっかりと理解しておく必要があります。次に、大きな場合はどのように対処したらよいかといえば、大きさにもよりますがレーザー治療や液体窒素では効果がない場合も考えられます。そもそもレーザー治療や液体窒素の場合には、小さいいぼ以外には採用できません。なぜかといえば、大きないぼになると奥の方までレーザーや窒素が届かないからです。中途半端に取り除いたとしても、根っこがある場合にはふたたびできものができてしまうでしょう。一般的には、直径が5ミリから6ミリ以上の大きさになる場合にはレーザーや液体窒素ではなくメスによる切除が行われます。メスを利用する場合には、昔からのメスを使う場合もありますが、最近は電気メスを利用するクリニックや美容整形外科も増えてきました。電気メスを利用することで、より効率的に施術することができます。

Copyright© 2019 どのような施術方法があるのか、そしてサービス内容を理解することができます。 All Rights Reserved.